入間川 飯能地区を探索した件

2019年11月12日(火)


台風後の入間川の様子を探索するシリーズ

第4弾!


今回は、久しぶりの飯能地区

成木合流付近と 飯能南高校下

阿須の運動公園を探索してきました。


成木合流周辺は 多少水深が深くなったようです。

成木川は 水量・水色共に平常に戻っていましたが

名栗川の方は 水量多めで 濁りも入っています。

合流点では、はっきりと2色に分かれていました。

しかし、反応はありませんでしたね^^;

鯉釣り師の方がいらっしゃったので

話を聞いてみると

最近バサーの姿をほとんど見かけないとの事でした。

釣れている姿も見ていないそうです。


成木川を少しだけ上ってみたのですが、

30~40ぐらいのバスの姿を

3匹ほど確認することができましたが

ルアーにはほとんど興味を示してくれませんでした。


その後、遊歩道を下流方向へ進み

飯能南高校の下を探索しました。

以前と大きく変わってはいませんでしたが

水量が多めなのでバスは居そうです。

しかし、今回はバスからの 反応はありませんでした。


この時点で14時を回ったところだったので

阿須の運動公園周辺も探索してみました。

こちらも 流れにはあまり変わったところもなかったのですが

バスは居ると思うのですが、ポイントを絞れず 惨敗を期してしまいました。


本日は、風が強くワームの釣りはラインドラッグがかかってしまい

ナチュラルドリフトさせることができず

ミノー中心の巻きが ほとんどになってしまったので

しっかりとした検証ができませんでした。


今回も、川の様子を動画にしましたので

時間のある方は、ご覧ください。






バスがいそうな場所はたくさんあるんですけどねぇ^^;







本日の釣果は


IMG_20191112_125025.jpg


なまじー君だけでした。(笑)

推定55センチ

気分だけでもと 

バス持ちしてみました。(爆)

入間川 狭山地区を探索した件

2019年11月8日(金)


台風後の入間川の様子を探索するシリーズ

第3弾!


今回は、狭山上州屋下から新富士見橋まで

探索してまいりました。


いつものように 昼過ぎからの探索です。(笑)


結論から言うと

上州屋下は さほど変わっておりませんでした。

毎度のことながら 多数のバサーの姿も見られました。


上流部の堰下辺りは 流れが変わっていましたが

富士見橋(一通橋)上流部は多少の変化のみでした。


富士見橋下の堰下流も 多少の変化はありますが

メインの溜まりは 川幅が広くなった程度

しかし、下流の吐き出し部は浅くなり

テトラも崩れていました。


そして、今まで新富士見橋までの区間は

多少蛇行していたのですが、

今はほぼ ストレートな流れに変わっております。


新富士見橋前後は 川岸が削れていたり

していますが、以前よりボトムに起伏があるような感じでした。

橋の真下は 良い感じの水深になっているのですが、

川岸が削られて 橋脚までの距離が遠くなりました。

橋の下流部は やや浅めながら以前とは流れが変わっていました。


川の様子を動画にまとめてみましたので

参考にしてみてください。

しかし、編集したのですが、30分以上の

長編になってしまいましたので

お時間のある時にでも ご覧ください。






ご覧の通り

今回は ボウズでした。(笑)

リベンジせねば!

午後のひと時で 豊水橋 再調査

2019年11月5日(火)

本日は、午前中に用事を済ませ

14時過ぎから 入間川豊水橋下流を

再調査してきました。(笑)


天気も良く 気温も20度と

絶好の行楽日和

天気が良すぎて 釣り日和ではない。(笑)


そんな中 

そろそろ入間川の水量も落ち着いてくるころだろうと

出向いてみたのだが、

まだ、水の濁りが取れ切れていない。

やや強めの笹濁り な感じ。


とりあえず、ロザンテを結んだベイトタックルと

前回 狭山で釣れた スプリットリグの

スピニングタックルの2本を持ち 堰へ降りる。


すると、堰の下の溜まりにBIGバスを発見!

ぱっと見でも 明らかに40オーバー

すぐに 深みに消えて行ったのであきらめる。

仮に釣れたとしても あのサイズでは

堰の上からでは 上げられない。(笑)


まずは、堰の上側にミノーを通してみる。

台風の前までは ロザンテでボトムをこするほどの水深だったのに

今日は、まったくボトムに触らない。

水深が深くなったのか?

しかしいつものごとく 反応はない。(笑)

これは、想定内。


本日の目的は、ここではなく

堰の下流部

早々に堰上を見切り

まずは、魚道下の溜まりを攻めてみる。

台風前は激浅のドシャローだったのだが

今は、水深がありそうに見える。

実際は、濁りがあるのでよくわからない。(笑)

しかしロザンテを巻いた感じでは

たまに大きめの石に当たる感じがあるだけなので

激浅ではない様子。

ミノーに反応がないので

スプリットリグをドラフトさせてみる。

が、

反応はない。

まだ魚が入っていないのか、連休だったので

散々叩かれてしまったのか?


仕方なく下流方向へ 移動してみる。

河原に草が生えていないので

移動は楽でした。(笑)


まずは動画をご覧ください。














バスは、やや大きめの石が 何個か沈んでいる

やや浅めのエリアで 釣れました。



IMG_20191105_153628.jpg


28センチでした。


その後 もう少し下流まで探りましたが

本日は、この1匹のみで終了です。


もう少し水の透明度が上がれば

ボトムの様子もわかるようになるので

ポイント探しが、少しは楽になるかなぁ?


PS: あれだけいた子バス君の反応が無いのが

   気がかりです。

大雨後の入間川 現在の様子

2019年10月30日(水)

皆さんご無沙汰しておりました。

連続台風や大雨が続き 釣るに行けない日々が続いておりました。

この度の台風や大雨により被災された方々へ

心よりお見舞い申し上げます。

1日も早く 日常生活に戻ることができますよう願っております。



さて、

話は入間川の戻りまして

台風19号後の入間川の様子を見てきた動画です。




豊水橋下流は 川の流れや河原の風景が

全く別の川になっていました。^^;

様子見で竿を出しては見ましたが

当然ながら 何の反応もありませんでした。(笑)





さらに 台風20号 記録的な大雨等が続き

そして本日 狭山の消防署裏(上富運動公園)へ

様子を見に行ってきました。


IMG_20191030_130801.jpg



写真の堰の左側は 流れで遊歩道が削り取られて

大きく陥没しておりました。

堰の上流は 想像以上に水深が浅く

魚の反応もなかったので

堰下の溜まりに降りてみる。


そこそこな流れがあるので

タックルは5ポンドを巻いたスピニングタックルに

小さめなスプリットシンカーを付け

オフセットフックの3番に3インチのシャッドタイプのワーム


こいつを流れに乗せてドリフトさせる。

数投後 コツっと小さな当たり

少し送ってから合わせを入れる。


HIT!

ライトアクションのロッドが大きく曲がり

ドラグを鳴らしてラインが引き出される。


久し振りの大物の予感!

なかなか寄ってこない

水が濁っているので 魚の姿も

確認できない。

しかし バス特有の首を振る感じは

伝わってくる。


しばらく久しぶりのバスの引きを楽しんでいると

いきなり上流方向へ走ったと思った途端

急に生命反応が無くなる…。

痛恨のラインブレイク ToT


切れた部分のラインを確認すると

根ズレしたのか ザラザラになっていました。

濁りがひどくて見えませんでしたが

沈んでいたテトラか何かで

ラインブレイクした感じ^^;

かなりの大物だったので 残念。



気を取り直し リグりなおして再開。

しかし なかなか反応は返ってこない。

濁りがひどいので ワームが魚の目の前を

通らないと 食わない感じなので

バスが付いていそうな流れを

しつこく流し続ける。


そしてついに 2度目のアタリ!

同じように少し送ってから合わせを入れる。

HIT!

先ほどまでの引きではないものの

ドラグを鳴らす元気さは ある。

根ズレを気にしながら ファイトを楽しみ

釣れてきたのは

IMG_20191030_141614.jpg


ジャスト30センチの コンディションの良さそうな

スモール

先日の激流をどう乗り越えてきたのか

傷一つない綺麗な魚体。


本日は この1匹で満足できたので

まだ15時ではありますが 撤収しました。



入間川も今回大きく流れが変わったので

もう少し水が落ち着いたら

1から ポイント探索しないと

ダメでしょうね。


今年の入間川は いまだに増水中

2019年8月5日(月)

暑い日が続いていますが お元気でしょうか?

久し振りの更新で 申し訳ありません。

先月から ここのブログが 大幅リニューアルした為

投稿方法まで変わってしまい 書き込みづらくなってしまいました。^^;


まぁ、入間川も長梅雨の影響などもあり

ネタがなかった と言うのが 本当の所でしたが(笑)^^;


定期的に入間川には出撃していたのですが

写真に収めるまでもないような 子バス君ばかりで

完全なネタ切れでした。(爆)

梅雨の間 豊水橋はこんな感じでした。

DSC_0001.jpg


現在の入間川も ここまでではありませんが いまだに水量も多く

ポイントが絞りづらい感じがありますね。

川幅が広くなった分 バスも広範囲に散らばっているように

感じます。

釣れてもなかなか連発はせず 小型ばかり。


まぁ、タックルもそれに合わせて 

トラウトロッドに 2.5インチワームとかイモ30なんかの

子バス仕様で やっているせいもあるんでしょうが

30アップのバスに めぐり逢いませんね^^;


そこで、少し大きめのバスがかかっても大丈夫なように

スピニングタックルを新調してみました。

ソリッドティップのウルトラライトのバスロッドと

2000番のリールに3ポンドライン(ナイロン)を巻いてみました。


先日 入魂しに 笹井上流部へ行ってきましたが

現在 土砂の搬出と言う事で 河原には重機が入って

砂や小砂利を掘って 川幅を広げておりました。


17時過ぎに 工事が中断したので 釣り開始です。

3番のオフセットフックに3インチのスイム系ワームに

一番小さな(仁丹サイズ)スプリットシンカーを付け

3投目で ひったくるようなアタリが・・・

25センチほどのバス君が釣れ 入魂終了(笑)


その後 連発はしないものの 20センチ前後のバス君が

遊んでくれました。





そして本日 暑さを避けて 夕方17時半ごろ

豊水橋下流へ 行ってきました。

まだまだ水量は多めだったのですが

入魂したときのタックルのままで 

まず 滝つぼのポイントへ

しばらくは 反応もなかったのですが

滝つぼからの細かいミストが 気持ちよかったので

20分ほど粘って ようやく20センチほどの子バスをゲット(笑)


ボウズも回避できたので 下流方向へ釣り下る

カワセミの撮影場所を過ぎても反応がない。

しばらくすると さざ波が立つほどの浅場で

ボイルが発生!

速攻でその場所にワームを投入すると

ビンゴ!

IMG_20190805_182202.jpg

小魚を追いかけていたのは こいつでした。(笑)

25センチ

浅い瀬に バスがいる様子なので

瀬を 片っ端から探ってみる。



予想通り!

IMG_20190805_183100.jpg


20~25センチクラスが連発。

日が落ちるまでの20分ほどで

本日合計6匹の釣果でした。


日中の暑い時間は 釣れても10センチほどの子バスばかりなので

夕方 日が暮れる直前に釣行した方が サイズも良くなるようです。

しかし 30アップは釣れませんでしたが^^;

熱中症に気を付けて 楽しみましょう。

梅雨 雨雨雨 入間川増水中。

2019年6月10日(月)

今日・明日と2連休をもらっているのですが

あいにくの雨・・・。

寝ていても 仕方がないので

16時過ぎ 入間川の様子を

見に出かける。(笑)

かなり強い雨脚の中 

とりあえず 豊水橋へやってくる。

画像


予想通り 大増水中。


この水位を見て 昨年の秋の

台風後とほぼ同じ感じなのを思い出し

ミノーを巻きたい衝動に駆られる(笑)


8ポンドを巻いたベイトタックルを手に

カッパの上着だけはおり 長靴を履いて

堰上に降り立つ。


ルアーは おなじみのロザンテ

強い流れの中 橋に向かってキャスト

流れより若干速い速度で巻いてくる。

4~5投してみるが ゴミが引っ掛かってくるだけで

魚からの反応はない。


そこで、昨年の台風後の時と同じように

堰と平行に 流れに負けないように

高速リトリーブで 流れを横切らせてみる。

数投してみるが反応はない。

やはり季節が違うと ダメなのか^^;


ここでかなり雨脚が 強くなり始める。

後数投したら 撤収かな?

そんな気持ちで 今度は

堰に対して45度ぐらいの角度で

キャストしてみる。

リトリーブ速度は やや遅めで巻いてくる。


すると、ググーっとゴミでも引っかかったように

重みを感じた途端 バスがジャンプする。

ヒット!

流れが強いので 少し強引気味に

ラインを巻きとっていく・・・。


画像



上がってきたのは 37センチほどのサイズ

やはり この濁った流れの中でも

捕食活動をしている様子。


写真撮影した後

昨年は2投連続でヒットしたので

今回も期待を込めて

同じコースを もう一度通してみる。

しかし、今回はごみを拾ってきただけ^^;(笑)


この時点で すでにズボンは びしょ濡れ

足に濡れた生地が張り付いて 気持ちが悪い。

もう1匹釣れれば すぐに帰るんだけどなぁ~

そんな思いで キャストをしていると

ピックアップの直前

ロッドが大きく曲がる!

流に入られないように またも少し強引に

魚を寄せる


画像



上がってきたのは

左目が傷ついているバス。

以前にほかの釣り人に釣られたときに

傷ついてしまったのであろう

片目でも コンディションは良さそうでした。

サイズは39センチ。


2匹目も釣れたので

本日はここで終了。

およそ20分の釣行でした。(笑)


これを書いている現在も外は土砂降り

きっと明日は釣りにならないほどの

大増水となっているでしょう。


今回の雨で 

ポイントの様子が変わってしまうと

思われますので

またしばらくは ポイント探しに

苦労しそうです。(笑)

ここ最近の入間川

2019年5月23日(木)

週末に向けて 夏のような

暑い日が続く予報が出ています。

熱中症対策をお忘れなく!


と言う事で、

本日 入間川を探索してまいりました。

一昨日 入間川にもまとまった雨が

降りましたので

多少の期待を込めての 釣行ですが、


その前に

20日(月)雨の前にも

上富運動公園下へ行ってきましたので

そちらの 動画をご覧ください。




当日は 南風が強く

水も減水気味

さらに 藻が大発生。

13時からの探索でしたが

風の影響で まともに釣りができたのは

堰下の小さな溜まりだけ^^;


はじめは シザーコームのスプリットで

粘ってみたものの 反応がなく

トラウトタックルで イモ30の ノーシンカーで

ようやく 30センチが出ました。

その後は 子バスを数匹追加して

15時には退散してきました。(笑)



そして本日は 大物を求めて

13時過ぎ

上州屋下へ 行ってきました。





画像



画像


41センチでした。



目の前の浅場に

45センチサイズのバスが現れ

シザーコームのスプリットを

目の前に落としてみるが

反応はいまいち^^;


すると奥の深みから

もう1匹現れた!

2匹のやや上流に

シザーコームを投入すると

後から現れた一回り小さなバスが

ワームに向かっていくのが見えた途端

コツコツとアタリが出る

合わせを入れると・・・

後は動画の通りです。

ファイト中 45サイズのバスも

周辺を泳ぎ回っていたので(動画にも映ってます)

その後しばらく粘りましたが

反応は無く 移動する事に。



夕方のプライムタイムは

豊水橋にしてみました。

堰の上で 子バス君に

遊んでもらおうと

トラウトタックルで始めて見ると!





2.5ポンドラインでも

鯉は上がるもんですね(笑)

まぁ、かなりあせりましたが^^;

一気に対岸まで走られたので

ラインがほとんど引き出されてしまったので

慌てて 堰の上を走ることに(笑)


堰の上でも 多少は大きなバスが

釣れるのでは?

という淡い期待もむなしく

子バス君に遊んでもらって

本日は終了でした。


増水後は やはり大型が

動きましたね。

たくさん生えていた

アオミドロ(藻)も

流されて 釣りやすい状況でした。