アクセスカウンタ

Hawgleの 明日は釣れるはず!?

プロフィール

ブログ名
Hawgleの 明日は釣れるはず!?
ブログ紹介
50を過ぎたおっちゃんが ルアーフィッシングにはまり
日々の釣れない状況をあの手この手で奮闘している記録を
日記風に綴った『自己満』で始めたブログです(笑)

おもに入間川 中上流域をメインフィールドに
『ブラックバス(スモールマウスバス)』のルアーフィッシングを
やってます。
埼玉中・西部地区のフィールドも回っていますので
それらしいおっさんを見かけたら 声をかけてください。

あまり秘密のポイントとかは持っていませんが できるだけ
詳しく紹介していくつもりです。

そこで釣れるかどうかは 腕次第?

なるべくタイムリーにアップできるようにしていますが
数日のタイムラグがある時があります。^^;
ご了承ください。
zoom RSS

梅雨前のひと時 入間川の今

2018/05/26 00:04
2018年5月25日(金)

最近 少々腰を痛め長時間釣行ができなかったのですが

少しの時間ではありますが 

相変わらず 入間川通いをしております。(笑)


豊水橋では、子バスに遊んでもらい。


画像



このサイズなら


イモ30で


簡単に釣れます。













そして 先日夕方に

狭山の柏原河川敷公園で


画像


38センチ


イモ40


日が暮れる


寸前でした。












そして本日

15時過ぎから2時間ほど

狭山上州屋下へ行ってきました。


相変わらず大人気の場所と言う事で

数名のバサーがロッドを振っていました。


そこで対岸に渡り

上流の堰の魚道下からスタート


タックルは 3ポンドラインを巻いたトラウト用の

スピニング 子バス仕様だ(笑)

4番のオフセットフックに イモ30の

ノーシンカーリグ


開始早々 10センチの子バスが遊んでくれた。


小場所にもチェックを入れながら

下流方向へ進んでいく。


しかし上州屋下の上流部のシャローには

先行者が居たので 河原を遠巻きにして

さらに下流方向へ移動する。


10〜15センチほどの子バスを3匹ほど

追加した所で 上流方向へ折り返すことにする。


その間 2か所ほどネストを発見

30センチほどのオスが守っていたので

そこはそのまま スルーする。




画像















シャローにいたバサーの姿が無くなっていたので

丹念に探ってみることにする。


5分ほど粘っていると ようやく15センチほどの子バスが

反応してくれた。


そしてさらに粘っていると

コツコツと小さなアタリ!

少し送ってから アワセを入れる。


すると、


トラウトロッドが大きく曲がる!

・・・ん?

動かない・・・・。

根がかり?

大きくロッドをあおっても

動かない。^^;


根がかりを確信してラインテンションを

緩めると 気のせいかゆっくりと下流方向へ

動いているような感覚が伝わってくる。

何?・・・・・・


もう一度リールを巻きテンションをかけ

少し強引にロッドをあおってみる。


すると そいつはいきなり猛ダッシュで

下流方向へ 走り始めた!

けたたましくドラグを鳴らしながら

3ポンドのラインが引き出されていく

トラウトロッドはバッドから大きく曲がり

少々まずい展開^^;


鯉か?


慌てて自分も下流方向へ走りながら

ラインを巻きとっていく。

しばらくすると走りが止まったので

少しづつ間合いを詰めていくのだが

まだ魚影は確認できない。


すると今度は上流方向へゆっくりと泳ぎ始める。

ラインを出されないように 自分も上流方向へ移動しながら

長期戦を覚悟する。

ラインを巻いたと思うと また出されるという

格闘をしばらくしていると

ようやく魚影を確認!

デカイ!!


そして、ようやく確保!



画像




少しやせて


いるものの


48センチ









画像


















久しぶりの ビッグサイズ!

粘ってみて 良かったぁ〜!


やはり なかなか口を使ってくれませんが

シャローの流れの中には

こういうサイズが入っているんですね。


おそらく釣れた場所は

水深50センチほどの流れの中


しかし 初めは全く動かなかったので

根がかりかと思いました。^^;


やわらかいトラウトロッドだったのと

3ポンドラインだったので

ドラグも緩めだったため

バスも引っ張られていることに

気が付かなかったんですかねぇ?(笑)


本日は 満足の1匹が釣れたので

これにて 終了いたしました。


今日の勝因は、

細めのラインと粘り勝ち

と言うところでしょうか。^−^V


PS: 今回は大物が釣れるとは思っていなかったので
   動画撮影はしていませんでした。(笑)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今夜の雨に期待!

2018/05/08 03:19
2018年5月7日(月)

GWも終わり

昨日の天気予報では

午前中から 雨予報だったのだが

起きてみると 午後から雨の予報に

変わっている。

そこで、

叩かれまくったであろう

入間川を お昼から検証(笑)


子バス狙いで到着したのは

笹井上流


前回同様 ここも水が悪い

見ず底には茶色いコケが生えまくり

水量が少ないので

流れも淀んでいる感じ





とりあえずボウズは回避


5センチぐらいの 超子バス君が

水面に浮かんでいるラインめがけて

猛アタック!(笑)


しかし、連発はしない。

水が悪い影響か 活性が低い感じがする。


上流方向へ移動しながら 

小場所を丹念に探っていく。

小川の流れ込んでいるポイントで

少し粘ってみると




やはりいた!


画像


23センチ






















浅瀬を渡り さらに上流方向へ釣りあがる。

足元のコンクリートブロックのそばが

一番深くなっているので そこを中心に

流してみるのだが 反応がない。






曇っているためか 魚は浅い流れの中に

いるようである。

10〜15センチの子バス君に

遊んでもらいながら 折り返して元の場所まで戻って行く。


カワウ対策のキラキラテープの下流のところで

子バス君が連発

楽しんでいると 予報通りに雨が降り始める。


あと1匹釣れたら 帰ろうと 少し粘っていると





残念^^;

40サイズでした。

ラインに傷が入っていたのか

痛恨のラインブレイクでした。

15時前でしたが 雨も降り始め

丁度いいタイミングだったので

ここで本日の釣行は 終了としました。


本日は、子バスばかりでしたが

12匹のバス君に遊んでもらいました。


予報では、今夜まとまった雨が降ると言う事なので

増水して 茶色いコケを一掃してくれると

バスの活性も上がってくると思うのですが。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 25


GW 入間川はバスアングラーで賑わってる?

2018/05/08 00:26
2018年5月2日(水)

皆様 GWを堪能しましたか?

私はGWの中日2日に休みが取れたので

毎度の事ながら 入間川に行ってきました。


午前中に野暮用を済ませ

定刻(?)のお昼過ぎにまずは

広瀬橋上流へ到着。

橋の下には鯉釣り師の姿があるものの

バサーの姿は無い。^^;

やはりここはイマイチ人気がないようだ(笑)


ロザンテを付けたスピニングタックルを片手に

とりあえず遊歩道を 橋近くまで歩いていき

下流から釣りあがる作戦をとる。

護岸から川を覗くと かなり水が悪い。

少し濁り気味で 水底には褐色のコケがいっぱい。

水位も低く ひと雨降らないと活性が上がりそうもない状況だ^^;


橋のたもとから ロザンテを巻きながら釣りあがって行くが

何の反応も返ってこない。


何の事件も起きずに 車を停めている

小川の流れ込みの場所まで戻ってくる。


そこで、タックルをシザーコームのノーシンカーリグに

持ち替えて 一往復。

なにも起きない。^^;


水が悪いのか? 

回遊のタイミングが合わなかったのか

ここでこの場所を見切って 移動!



やって来たのは 毎度おなじみの

豊水橋下流。


やはりここも 水が悪い。

まとまった雨が降らなくてはこの状況は

改善できそうもない。


ビッグサイズが期待できないので

子バス狙いで トラウト用の

スピニングタックルを片手に河原へ降りる。


3ポンドラインに 4番のオフセットフック

ワームは ゲーリーのイモ30 グリパン ブラックフレーク


堰の上は 鯉の姿はあるものの

バスらしき姿が確認できなかったので

迷わず堰の魚道下を探ることにする。

めちゃくちゃ浅い場所だが

子バスなら入っていそうなので

まずはここから(笑)





もっと小さなサイズを想定していたのですが


画像


25センチ

トラウトロッド

だったので

このサイズでも

楽しめます。










その後 下流のカワセミポイントで

子バスを追加(笑)







しばらくすると

風が強くなってくる。

そこで!

堰の上に移動

良い感じに水面が波立って

魚の警戒心が薄れていそうだったので

少し粘ってみる。







画像


23センチ

元気な

バス君

でした。












この日はここで打ち止め

浅瀬で 子バス遊び

入間川では

これからしばらくは

こんな感じが続きます。(笑)


まとまった雨が降れば

良型も期待できるのですが^^;
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


強風の入間川 人込みを避けて 吉?

2018/04/13 22:40
2018年4月13日(金)

今日も 寝坊をして遅めの出撃となりました。(笑)

12時少し前に現着。


今回は人込みを避けて 

なるべく人がいないであろう

広瀬橋 上流部へやって来ました。

いつもの土手側ではなく

反対の河原側へ入ってみる。


しかしこれが大誤算^^;

見事なまでの 向かい風(笑)

ロザンテを付けたタックルと

イモ40のノーシンカー付けた

2本のスピニングタックルを

持って行ったのですが

ノーシンカーリグは

風に押されて 川幅の半分ぐらいまでしか

届かず。(笑)


仕方なくロザンテを投げ倒すことにする。

しかし水深が浅い。

川の中ほどから手前は 水深30センチ以下


それでもしばらく釣っていると

波立った水面から 一瞬 バスらしき姿を視認。

周辺にロザンテを引きまくるも反応なし^^;

そこで イモ40を投入してみる…






やはり イモは強い!(笑)

変えて 1投目で ドン!


画像




42センチ




















画像




















しかし、毎度の事ながら

後が続かず 移動!



豊水橋 とも思ったのですが

この風と水量を考えて

新富士見橋へ移動しました。

そして風を考慮して

いつもの対岸側に入ることに。

画像



















画像


















到着直後には 対岸に1人バサーが居たのですが

早々に移動していきました。

持って行ったタックルは

6ポンドラインを巻いたMLアクションのベイトタックル

イモ40のノーシンカー


新富士見橋上流部でしばらくやっていると

35サイズの見えバスを発見

しかし、ルアーには全く反応しない。

やはり、かなりスレている様子である。

水深は広瀬橋上流と同じで

かなり浅い。

唯一水深はあるのは 橋の橋脚周辺のみ

イモに反応がないので

ロザンテに結び変える。






橋脚から飛び出してきたのは

画像




30センチ

















画像




















この後 一通橋下の堰まで

釣りあがって行ったのですが

反応ありませんでした。

上州屋下は、3名のバサーが居ましたが

釣れている様子はありませんでした。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 34


入間川 探索してきました。

2018/04/09 13:29
2018年4月4日(水)

本日 午前中に野暮用を済ませ

午後から ゆでたまごさんからの

リクエストにお応えして

笹井より上流の 入間川を

探索してきました。


今まで駐車スペースがあまり無い

と言う理由で なかなか足を運んでこなかった

エリアの探索です。


まずは 仏子駅近くの 中橋上流にある

無料駐車場に車を停め

橋の下流方向から 探索開始




橋の周辺は とにかく浅い。

そして 鯉の数が半端ない。(笑)


画像
















下流にある唯一の深みも

鯉だらけ バスの姿も確認はできたが

25センチクラスが 数匹いただけ。


次に 橋から上流側を 探索

下流側と同様 しばらく浅瀬が続く




河川敷のグラウンドが終わるぐらいの場所から

水深のある場所になるのですが

画像

















今回は バスの姿は確認できませんでした。


画像

















西武池袋線の鉄橋下の堰には

魚道がないのでこれ以上上流に遡上できないため

この堰下に バスが溜まるはずなのだが

今回は 反応なく終わりました。

時間帯や探るタックルをいろいろと変えれば

必ずバスが出ると思います。


この堰の上に 旧鉄橋があるのですが

その橋脚の下はかなり水深があり

バスのストックもそこそこありそうです。

実際40サイズの視認もできました。


画像


しかし

唯一の

ポイントの為

人的

プレッシャーが

高く

ルアーへは

全く

反応しませんでした。


結論から言えば、

このエリアは 夏場に

ライトリグでの 子バス遊びを

するには良いのですが

今の時期は 鉄橋下の堰で

粘れば釣れるかな?

と言う感じですね。

鉄橋下以外では

他のバサーの姿を見かけませんでした。


以上 笹井堰より上流部の レポートでした。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13


平日なのに 入間川は大賑わい!

2018/04/02 21:37
2018年4月2日(月)

今日もいい天気!

朝寝坊をして

11時過ぎに 入間川豊水橋に到着。

見渡した限り バサーの姿は無い。


まずは滝下をやらずに

下流のチャラ瀬エリアに向かう。






ビッグサイズが来たと思ったら

60サイズの鯉でした。

しっかりと 口にフッキングしていたのには

驚きました^^;

鯉でも ちゃんと口にフッキングすると

結構簡単に ランディングできますね。(笑)


その後 下流のブロックエリアを攻めるも

反応なし。

タックルを 2.8インチチャンクローに変更

仁丹サイズのスプリットシンカーを付けて

上流に折り返す。

釣りあがって行き カワセミ観測点を

下流側から攻めてみる。






残念^^;

動画映えを狙って

ジャンプさせすぎた為

あえなくフックアウト(笑)

40サイズでしたね^^;


その後反応なく 滝つぼまで戻ると

すでに他のバサーが入っていたので

狭山まで移動することにする。


コンビニでお昼ご飯を済ませ

到着したのは 上州屋下。


しかし、大勢のバサーが・・・。

まぁ、ここは狭山地区では一番実績がある場所なので

多少のバサーは想定内。


一通橋の下が 空いていたので

まずはそこに入ってみる。


ロザンテやシャッドを試してみるが

反応は無い。

そこで、いつものイモ40の登場です。

数投するが反応は無い。


するとそこへ 対岸に派手なオレンジ色のシャツを着た

カップルが現れる。

願ってもいないチャンスである。


なぜかと言うと

おそらくここは 今日だけでも数人のバサーに

叩かれているはず。

当然バスは 対岸側に逃げているはず。

そこへ 派手なオレンジ色のシャツを着た人間が

現れれば 目の良いスモールは

こっち岸に寄って来るはずである。


そこで バスが逃げ込むであろう

流れ込みの白泡の中へ イモ40を

放り込んでみる。






はじめ アワセを入れたのに

微動だに動かなかったので

てっきり 根がかりだと思い

ラインを持って 強く引っ張ってみると

いきなり動き出して ジャンプしたので

焦りました。(笑)


画像




プリプリの


46センチ


残念ながら


50には


届かず。





画像



















何とかボウズを 回避したものの

この後 新富士見橋や

上州屋下 上流の堰下など

回りましたが 後が続かず。

本日は 終了となりました。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 30


ついに 入間川 始まりました!

2018/03/29 00:29
2018年3月28日(水)

昨日に引き続き連休だったので

今日も 入間川へ出動!

ちょっと寝坊をして

10時半に現着。(笑)


画像
















まずやって来たのは

豊水橋

2匹目のどじょうを狙って

来たのですが

堰下の滝つぼには

先行者の姿


堰の上を対岸へ渡り

魚道下を探ってみる。

しかし、昨日とは打って変わって

水色がクリア

明らかに魚の姿の見えない(笑)

浅瀬にはなっているが

ダメもとで ロザンテを投入してみる










何と驚きの外道^^;

いったいどこからやって来たんでしょうか?

名栗川から遠路はるばる下って来たんですかねぇ?

当然ながら バスはいないようである。(笑)

そのままどんどん釣り下り

昨日釣れたブロック護岸のエリアまでたどり着く

今日はクリアな水色のため

水底が丸見え状態。

昨日釣れたポイントはかなりの激浅でした。(笑)

一度川岸を遠巻きにしながら下流まで下り

アップクロスで 釣りあがって行く。

鯉の姿はたくさん視認できるのだが

バスの姿は見当たらない。

護岸のブロック下にでも隠れているのでしょうか?


結局本日 この場所では ノーバイト

そのまま上流方向へ釣りあがって行く

昨日は1日シャッドを巻き続けていたので

今日は ワームも試してみることにする。

お決まりの イモ40のノーシンカー

カワセミの観測ポイントで 35ぐらいのバスを発見

しばらく粘ってみたが 反応なし。(笑)


来た時に居た先行者の姿が無かったので

滝つぼのポイントに入る。

流れが強かったので

まずは 下流にある払い出しの

コンクリートブロック周辺を探る。


すると2投目 いきなりコツコツとアタリが出る。

アワセを入れると ドラグが鳴りラインが走る。

居た!

戦闘態勢に入った途端

ロッドから生命感が消えた^^;

アワセが早かったのか すっぽ抜け(笑)

残念。

気を取り直して

同じラインを流してみる。

そして3投目








とにかく元気な1匹!

画像



34センチ

サイズのわりに

強烈な

引きを

味わわせて

もらいました










画像

















かなりの格闘だったので

場を鎮めるためしばらく休憩。

ラインチェックをしてみると

コンクリートブロックに擦れたため

かなりザラザラの状態。

ラインを結び直して 再開。


今度は滝つぼの中を狙う。

しかし流れが強く

ノーシンカーリグでは

ワームが上ずっている感じだったので

フックから25センチのところに

仁丹サイズのシンカーを付ける。


しばらく巻き返しの中を探っていると








上がって来たのは

23センチ

画像


























入間川のレギュラーサイズ

30アップが 釣れるのはほとんど

今の時期だけ。

あと2週間もすると

スポーニングが始まります。

それまで プリプリに太った

ビッグバスに 今年は何匹出会えるでしょうか。


一休みしていると 下流からバサーがやって来たので

このポイントを譲ることにする。


その後

橋の上流にある


画像
















ロックエリアへ移動

しばらく粘ってみるが

反応なし。


それではと また移動。


画像













やって来たのは

桜が満開の 成木川合流点

しかし、先行者の姿あり


しばらくすると 先行者の方が移動したので

30分ほどシャッドを投げるが

反応は無い。

40サイズのバスを視認できたが

スレ切っている感じ


少し時間は早かったけれど

ボウズにはならなかったので

本日はこれにて終了です。


本日であったバサーとの情報交換で

狭山の上州屋下で37センチが出たとの事

あと、今 多摩川が熱いらしいです。

50アップが 結構な数 上がっているとの事です。

ようやく 入間川もスタートしたようなので

これからの1か月は 特に大型が期待できるので

頑張ってみてください。


入間川では遊漁料がかかりますので

川のそばのコンビニや釣具店にて釣り券を

ご購入してください。

現場売りだと1,000円かかります。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 30


続きを見る

トップへ

月別リンク

Hawgleの 明日は釣れるはず!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる